スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糸井トレードはアリなのか無しなのか。

糸井のオリックスへのトレードについて。
信じられない、信じたくなかったこのニュース。
今回は本当に辛かったので、このトレードについて考察して思いの丈を全てぶちまけます。






まず、「何で糸井を放出するの?」という疑問について。
これは糸井が契約更新で保留したことよりも、今季終了後のポスティングをほのめかしてしまったことが大きいんだと思います。

糸井はまだレギュラーに定着してから4年。
いくらポスティングに寛容な球団とはいえ、これでは流石に割に合いません。
球団が難色を示すのも当然のことでしょう。

糸井側は糸井側で、メジャーに挑戦するならできるだけ早くという気持ちも分かります。
大卒であり、かつ投手から野手に転向してから成功した遅咲きの選手。
早く挑戦しないと、年齢的に自身のピーク時期を過ぎてしまう危険性がありますからね。

どちらの言い分もよく分かります。


ここで問題になってくるのが、大谷の存在です。
ファイターズは即メジャーに挑戦したかった彼を説得して、入団にこぎつけることに成功しました。
事実上、ポスティングを容認する形で。

糸井のケースはこういう事情があるとはいえ、糸井のポスティングを拒んでしまうと大谷に不信感を持たれてしまう恐れがあります。

大谷に対して筋を通したい。
でも、糸井をポスティングで放出してしまった場合、球団への見返りは入札金のみ。

ならば、相手球団から選手を得られるトレードという形で1年早く放出してしまおう!

という、ウルトラCを発動させたって感じだと思います。
(トレード自体はオリ側から持ちかけたという話もありますが)


金に物を言わせて選手を獲りにいく球団にはできない発想だと思います。
元々、ファイターズは金で選手を獲りにいく球団では無いですからね。

糸井、八木を出す代わりにオリックスから得られたのが、木佐貫、大引、赤田。
この条件ならもう少しいい選手を取れた感も否めませんが、「ローテを担える投手の補強」「(層の薄い)ショートの補強」「(糸井を放出した分の)外野手補充」という感じで、戦力バランス的なポイントは十分に抑えています。

うちは1軍の外野陣が完全に固定されるような高い壁になりつつあったので、その一角であった糸井が抜けたことで外野のレギュラー争いも一転して激しくなるでしょう。
今季だけのことを考えると戦力的にマイナスかもしれませんが、先々を考えれば決して悪くないトレードにも見えます。






戦力的にはそんな感じなんですが、ちょっとこの問題を別の視点から捉えてみましょう。
糸井という選手の存在は、ファイターズの選手にとって、またはファイターズファンにとってどういう存在なのか。
放出しても許される存在だったのか。
糸井の影響力について、選手目線、ファン目線で両方考えて、フロントがこのトレードを良しとした理由を考察してみたいと思います。




まずは選手目線から。
糸井という選手は捉えどころのない、大変面白いキャラクターです。
ファイターズの選手もその糸井のキャラクターを十分に受け入れてくれていて、糸井はチームにすごく馴染んでいたイメージです。
当然、今回の糸井のトレードには選手達にもかなりの動揺が走っているでしょう。

ですが、糸井の場合チーム内で「絶対に手放せない選手」では無い気がします。
実力はともかく、チームリーダー的な立場を担えるタイプの選手では現状無いですからね。
シビアな見方をすると。

むしろ、そういう点では賢介が抜けたことの方がチームにとって痛手だったのではないでしょうか?
賢介はチームに長らく貢献し続けてくれてからのFAでのメジャー移籍ですから、責めるわけにはいかないですけどね。

チームをまとめてくれる選手の存在は、非常に貴重だと思います。
そういう選手は絶対大事にしなければならない。
いつまでも稲葉さんや勝さんあたりに頼ってるわけにもいかないので、次世代のチームリーダーもこれから育てていかなければなりませんね。

個人的には中田がその候補の筆頭だと思っています。
中田の場合、まずは真の4番だと認められる存在になってからの話ですけどね。




話が少し逸れてしまいましたが、今度はファン目線で糸井の存在を考えていきます。
糸井はファンにも大変愛されている選手の一人。
現状バリバリのレギュラーですし、WBCの代表候補に選出されているほどの選手です。

誰もがこのタイミングでトレードに出す選手だとは思わない。
このトレードを最初に知った時、ファンなら誰もが信じられない思いだったでしょう。

ファイターズは決してファンサービスに疎い球団ではなく、ファンを大事にしてくれる球団です。
その半面、選手の処遇に対してはドライなところがあり、たとえ実績十分な選手であってもチームにとってもう必要な選手でないと判断されれば積極的に放出(または解雇)する傾向にあります。
こういう方針だからこそ、決して派手な補強をしない移転後のファイターズがこれだけ安定した成績を残せているんだと思います。

これまではそういう球団のドライな一面が、多くのファンにとって許容できる範囲内だったんですが・・・



俺の本音を正直に言います。




無理無理無理無理!!!





糸井の放出まで受け入れろとか、とてもじゃないけど無理です。
今季から糸井が同一リーグの敵チームの選手とか、そんな違和感そう簡単に消えるわけがありません。
ハム-オリ戦であっても、普通に糸井を応援してしまいそうです。

「もっとファンの気持ちも考えろ」とかどうしてもフロントに文句を言いたくなってしまいます。
糸井トレードというフロントの行為は、そう簡単には許せそうにありません。


ええ、これはファンのワガママですよ。
これは糸井のトレードをどう考察しようが、ファンとしての抑えようのないワガママです。


でも、ファンの反発の声もまた、フロントの想定内なんでしょうね。
逆に考えれば、この決断は糸井を放出しても将来的にチームを強くできるというフロントの自信の表れなんでしょうね。
ある意味、これはハムファンに対するフロントの「挑発」ですよ。
結果論としてですがね(悪い意味ででは無い)。




ああそうかい!
ならばその挑発に乗ってあげようじゃないの!!




すぐに結果を求める気はない。
数年後、糸井のトレードは間違いじゃなかったと思えるように。
俺を納得させてくれ!!


・・・何か、単なるツンデレファンになっちゃいましたねw
実際、これが俺の偽らざる本音なんですけどね。


糸井トレードによる傷は、まだまだ消えそうにありません。
でも、やっぱりファイターズが大好き。
その気持ちに関しては、今でも全く揺らぎません!






最後に、どうしても糸井を放出したファイターズフロントが許せなくてファン熱がしぼみつつある一部のファイターズファンへ。

別にフロントを許す必要は無いと思います(俺も許してませんw)
フロントがファンに好かれてる球団なんて、そう多くは無いですから。
別にファイターズフロントが好きじゃない方は、無理に好きにならなくとも嫌いなままでいいと思います。


ただ、ファイターズのことは嫌いにならないで下さい。
貴方にファイターズ愛が少しでも残っているのなら。
選手への思い入れが強いなら強いでいいんですが、何よりファイターズを好きでいて欲しいです。
これも俺のワガママかもしれませんけど。






以上です。
長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。
スポンサーサイト

野球に100%は無い。

お久しぶりです(?)ツンちゃんです。
このブログの更新も、何と1年3ヶ月ぶりとのことで・・・w
長らく放置してましたが、今回ファイターズに関して色々と思うことがあったので気力を振り絞ってブログ記事を再び書いてみることにしました。






今季のファイターズは、前評判に反して開幕から好調!
現在も首位西武と2ゲーム差の2位と、優勝争いの真っ只中にいます。


こういうシーズンなので、当然ファイターズファンとしても1試合ごとに一喜一憂して熱くなってしまうわけなんですよ。
それ自体は決して問題のあることではなく、俺を含めて皆さん野球を楽しんでるなーって感じなんですよね。


でもその感情が高ぶりすぎて、大事なところで何らかのミスを犯してしまった選手をつい過剰に叩いてしまう。
まぁこれも、ファンというものなのかもしれません。
俺自身も、不甲斐ない選手に対してついきついことを言ってしまうこともあります。


でも!
でもでも!!
「どんな一流選手でも、100%ミスをしない選手なんていないんですよ!」




これから述べることは、あくまで俺のファイターズファンとしての応援スタイルです。
応援スタイルは人それぞれでしょうし、それを誰かに強要する気は全くありません。
ですが、少しでも参考にしていただければ幸いです。




選手に対する批判、これがタブーだとは俺は思いません。
期待されながらもその期待に応えきれていない選手、そういう選手は叩かれるのも致し方無いと思います。
プロは結果が全ての世界ですから。


例えば、今季の斎藤佑樹。
プロ2年目の今季は栗山監督からエースになることを期待されて開幕投手にも指名され、春先は活躍しました。
でも、その後は尻すぼみでまともな結果を残せなくなり、AS明け直後の登板後2軍落ち。
その後は2軍でもいい結果を残せずに苦しんでいます。


厳しいようですが、彼の場合は監督の期待にも、ファンの期待にも応えきれなかったのだから、批判は致し方ない、というか批判されて当然だと思います。
ですが、ここで「客寄せパンダ」だとかそういう叩き方をしてはいけない。
あくまで斎藤が批判されるべきなのは「結果を残せなかったこと」であり、マスコミが勝手に実績や実力以上の持ち上げ方をしていたのは彼とは無関係。
彼と直接関係ない問題まで絡めて批判するのはフェアじゃないですよ。
それじゃ単なるアンチです。


今の斎藤は調子の悪さもあるんでしょうが、正直実力不足な感は否めません。
今の斎藤は安易に1軍昇格させるべきじゃないと思います。
でも、斎藤に全く期待していないわけじゃないんですよ。
斎藤は投手としてのセンスは間違いなく高いレベルであると思っています。
足りないのは球の方。
ストレートなのか、変化球なのか、制球力なのか・・・
いずれにせよ斎藤には、何か1つでも『武器』を身に着けて欲しいです。
それができた時、斎藤は1段上のステップに行けると信じています。




さて、斎藤の話に終始して話が逸れかけたので本筋に戻します。
先ほどは、『叩かれても仕方のない選手』について語りましたが、今度はその逆、『安易に叩くべきではない』選手。
こういう選手は、つまり『普段は結果を残している選手』です。


ここで例に挙げるのは、金子誠選手。
長年ファイターズの内野守備を支え、今季も怪我に苦しみながらも特に堅実な守備でファイターズのピンチを救い続けてくれています。


ところが、昨日の楽天戦。
8回表、ファイターズの1点リードで1死満塁というピンチを迎えた場面。
ここで金子選手は、普通に処理すればゲッツーが取れるイージーな内野ゴロを弾いてしまうタイムリーエラーを犯してしまい、同点に追い付かれてしまいます。
結局このプレーが響いたこともあり、ファイターズは手痛い逆転負け。
致命的なミスを犯した金子選手も、一部ファンから激しく非難される対象の1人になってしまいました。


確かに、あのエラーはあまりにもタイミングが悪かった。
悔しい負け方ですし、金子のエラーを許せなくなる気持ちも分からんでもないです。


でも!皆さん冷静になってよく考えてみて下さい。
金子選手ですよ?
どれだけファイターズがこの方のプレーに救われたことか。
それに、決して過去の実績だけの人じゃなく今季もチームを救う美技に何度助けられたことか・・・
金子が怪我で離脱していた時期は、ファイターズナインもかなり浮き足立ってましたからね。
チームに対する貢献度は、今でも計り知れないものがあります。
何より、金子選手の後継者と呼べる選手が未だに育ちきっていないことも、金子選手の偉大さを示しています。


これほどの選手を、1つのミスくらいで真正面から叩く気には俺の応援スタイルではなれませんわ。
そもそも、昨日の試合はモルケンのgdgdピッチから1点差にされたのがケチの付き始めで、決して金子選手だけのせいじゃないですよ。
野球はチームスポーツです。
『敗因が一人のせい』ってことは、そうそう有り得ませんわ。


あるファンの方が、「そろそろ金子の身体は限界だから引退あるかも・・・」と危惧するほど、金子選手は今ギリギリの状態でプレーしていると思われます。
もしかすると、本当に引退が近いかもしれません。
それはファンがとやかく言えるものではなく、あくまで金子選手の決断次第ですけどね。
とはいえ、そんな状態であっても今できる全力プレーでチームに貢献し続けてくれる。
そんなすごいプレイヤーである金子選手を、本人が現役を全うするまで暖かく見守り続けたいと思います。





で、結局何が言いたいのかというと・・・
「安易に選手を叩くのではなく、あくまでこれまでのプレートータルで選手を評価し応援していきたい!」
ってことです。
ミスの数よりも貢献度の方が遥かに上回っている選手は褒められるべきですからね!
1つや2つのミスで、貢献度の高い選手に対する評価はそうそう下がりませんわ。


ミスしない選手なんていない。
だから俺は過剰にミスを責めるよりも、良いプレーを賞賛していく応援スタイルでこれからもいきたいと思います。
でも叩く時は叩きますよ。特に期待に応えきれていない選手は。
期待の裏返しでね!






以上!
何かまとまりが無い内容でスミマセン・・・

開幕から約1ヶ月。明日からは交流戦!

案の定更新さぼって放置状態、もう誰もが忘れているブログのような気もしますが・・・
2ヶ月ぶりに更新してみようと思います!
今日の更新内容はプロ野球(しかもファイターズファン仕様)のものなので、けいおんの話題とか期待してる方は後日、ということでお許しくださいね。




今季は開幕延期という異例の形になったプロ野球ですが、早一ヶ月を迎えましたねー。
こうして今年もプロ野球のシーズンを楽しめることに感謝です!


俺のファン球団であるファイターズはここまで順調過ぎて怖いくらいですな。
ファイターズは例年春先を苦手にしてる傾向あるから、2月下旬~3月上旬あたりに故障者が続出した際は、「今年も春先苦しみそうだな・・・」と悲観的になったものだけど。


蓋を開けてみれば故障者の多くが復帰した状態で開幕を迎えられ、開幕2連敗こそあったもののその後は順調に勝ち星を重ね、その結果リーグ首位で交流戦に入れることに。
ここまでは100点・・・いや120点の戦いぶりと言ってもいいんじゃないでしょうか。



例年より駒が揃っている先発陣がその期待通りに好投を続け、注目のルーキー斎藤佑樹もやはり『もってる』としか思えない初登板初勝利、そして連勝。
斎藤はまだプロでは通用しないと思っていただけに嬉しい誤算でした。
ピッチング内容については色々叩かれたりもしてますが、まだルーキーなんだし足りないものがいっぱいあって当然。
センスは抜群だと思うので、課題を少しずつクリアしていってもらえれば問題なし!


リリーフ陣では、去年は先発が主だった増井が何とセットアッパーとして開花し、建山の穴を完全に埋めてくれています。
短いイニングで持ち味の球威が生きてるんでしょうね。
コントロールを乱すことも少なくなり、本当に良い投手になってくれました。
昨季不安定だった久も今季はキレ、コントロール共にいい時に戻り安定。
勝ち試合を安心して見ていられるようになりました。


打撃陣では何といっても中田。
開幕からヒットが出なかった時は少々心配しましたが、1本出てからはぐいぐいと調子を上げ・・・
気が付けば打率は3割越え。
チャンスでは抜群の勝負強さを見せ、常に期待感を抱かせる選手になってくれました。
相手が厳しく攻めてくるチャンスで打てるようになったのが、何より中田の成長の証です。
ホフパワーと共に今年は『長打もあるファイターズ打線』をアピールしてくれています!


そして4月は大活躍だった陽。
「細かいプレーができずバッティングも大味な陽に2番は絶対向かない」
開幕前はそう思い続けてましたが、「この打順で選手としての幅を広げてくれれば」という期待もありました。
それが、まさかここまで陽のプレーがいい意味で一変するとは・・・
2番という打順を意識し、適応しようと必死に考えてプレーするようになってくれたおかげだと思います。
元々の身体能力の高さに加えて、粘り強く隙のない選手になってくれました。




ここにきて斎藤、ウルフが故障したり、陽や小谷野らが不振に陥る等不安要素もありましたが・・・
ウルフは軽傷とのことでローテ1~2回とばすくらいで済みそうですし、交流戦は5人いれば先発回せるのでダル勝ケッペルと八木、ウルフが復帰するまでは下で好調な吉川あたりを加えればどうにかなるはず。


斎藤に関しては、離脱したことが逆にいい調整期間になると踏んでいます。
大事な時期にバテられた方が困りますし、それが来季以降に響きかねませんしね。
今となってはやってもらわなきゃならない投手なので、交流戦期間中はじっくり調整してもらってそれ以降の活躍に期待したいところです。


陽や小谷野は昨日の試合で共に2安打するなど復調気配ですし大丈夫でしょう。
調子の波は誰にでもあるもんです。




きっと、この戦力なら交流戦もいい戦いができるはず・・・
信じていますよ!


ただ、交流戦で去年パ勢が強すぎたというのが逆に怖いところ。
失速するわけにはいかないプレッシャーが・・・
そうならないためにも、セ勢を遠慮なく叩いてくれますように!

プロ野球の開幕日について。

まず、最初に。
東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。
被災地でない俺が言っても重みがないかもしれませんが、早期復興で1日でも早く被災地の方々に笑顔が戻ることを願っております。




震災の影響で、各地でスポーツやライブ等様々なイベントが中止・延期しております。
当然、開幕が25日に迫っていたプロ野球も予定通りに開幕するかどうかの是非が問われていたわけで。
今日のセ・パ両リーグの緊急理事会で、パは開幕延期、セは予定通りに開幕との方向性が示されたそうです。
結局、その後に行われた実行委員会で調整がつかずに継続審議となったようですが・・・


個人的見解としては、開催可能な状況であれば開幕を自粛する必要性は無いと想います。
プロ野球選手は野球をすることが仕事ですし、ファンも試合を楽しみにしている。
それは、『不謹慎』でも何でもないですし、選手達のプレーで野球好きな被災地の人々が勇気付けられることもあるわけですから。


ですが、現実的には楽天の本拠地球場であるKスタで試合を開催することはしばらく難しそうですし、ロッテの本拠地であるQVCも被害を受けています。
『本拠地が使えるようになるまで別の球場を使う』って手もありますけど、ファンの心情を考えるとあまり良い選択ではないですよね。
楽天の選手達も動揺が大きいでしょうし・・・
パの開幕をしばらく延期させるのは妥当な選択だと思います。
延期させた結果、消化試合数を減らさざるをえなくなってもそれはそれで仕方ないかと。


かと言って、セだけ予定通り開幕させるのもいかがなものかと思います。
分離開幕に関しては反対ではありません。
確かに同時開幕がベターではありますけど、どちらかのリーグが開催可能な状況なら遠慮せずに片方だけ開幕させるのもありでしょう。
でも、関東で計画停電の影響が心配される中、10日後に開幕というのはかなり無理があるように感じます。
交通網や放射能の不安もありますしね。
先が読みにくい状況であるのも事実ですが、冷静な判断を望みたいです。


そして、できるだけ早く開幕日を決定してほしい。
開幕日が決まらないと、選手達も落ち着かないでしょうし開幕への調整もおぼつかないでしょう。
早期開幕の方向性になるとすれば尚更です。
長引くようなら、しばらく開幕延期という選択肢しか無いですよ。




どういう結論が出るにせよ、全ての選手達、全ての野球ファンが納得のいく形で決着することは不可能でしょうけど、俺はそれを受け入れるつもりです。
開幕前までに安全性の確保だけは、絶対に怠らないことを願いますが。


いつになろうとも、プロ野球の開幕を楽しみに待ち続けます!
かうんた!
プロフィール

ツンちゃん

Author:ツンちゃん
あずにゃんマジ天使!
あずにゃんをこよなく愛するけいおん大好きな社会人です。
プロ野球ではファイターズを応援してます。

中野梓
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ついった!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。