スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糸井トレードはアリなのか無しなのか。

糸井のオリックスへのトレードについて。
信じられない、信じたくなかったこのニュース。
今回は本当に辛かったので、このトレードについて考察して思いの丈を全てぶちまけます。






まず、「何で糸井を放出するの?」という疑問について。
これは糸井が契約更新で保留したことよりも、今季終了後のポスティングをほのめかしてしまったことが大きいんだと思います。

糸井はまだレギュラーに定着してから4年。
いくらポスティングに寛容な球団とはいえ、これでは流石に割に合いません。
球団が難色を示すのも当然のことでしょう。

糸井側は糸井側で、メジャーに挑戦するならできるだけ早くという気持ちも分かります。
大卒であり、かつ投手から野手に転向してから成功した遅咲きの選手。
早く挑戦しないと、年齢的に自身のピーク時期を過ぎてしまう危険性がありますからね。

どちらの言い分もよく分かります。


ここで問題になってくるのが、大谷の存在です。
ファイターズは即メジャーに挑戦したかった彼を説得して、入団にこぎつけることに成功しました。
事実上、ポスティングを容認する形で。

糸井のケースはこういう事情があるとはいえ、糸井のポスティングを拒んでしまうと大谷に不信感を持たれてしまう恐れがあります。

大谷に対して筋を通したい。
でも、糸井をポスティングで放出してしまった場合、球団への見返りは入札金のみ。

ならば、相手球団から選手を得られるトレードという形で1年早く放出してしまおう!

という、ウルトラCを発動させたって感じだと思います。
(トレード自体はオリ側から持ちかけたという話もありますが)


金に物を言わせて選手を獲りにいく球団にはできない発想だと思います。
元々、ファイターズは金で選手を獲りにいく球団では無いですからね。

糸井、八木を出す代わりにオリックスから得られたのが、木佐貫、大引、赤田。
この条件ならもう少しいい選手を取れた感も否めませんが、「ローテを担える投手の補強」「(層の薄い)ショートの補強」「(糸井を放出した分の)外野手補充」という感じで、戦力バランス的なポイントは十分に抑えています。

うちは1軍の外野陣が完全に固定されるような高い壁になりつつあったので、その一角であった糸井が抜けたことで外野のレギュラー争いも一転して激しくなるでしょう。
今季だけのことを考えると戦力的にマイナスかもしれませんが、先々を考えれば決して悪くないトレードにも見えます。






戦力的にはそんな感じなんですが、ちょっとこの問題を別の視点から捉えてみましょう。
糸井という選手の存在は、ファイターズの選手にとって、またはファイターズファンにとってどういう存在なのか。
放出しても許される存在だったのか。
糸井の影響力について、選手目線、ファン目線で両方考えて、フロントがこのトレードを良しとした理由を考察してみたいと思います。




まずは選手目線から。
糸井という選手は捉えどころのない、大変面白いキャラクターです。
ファイターズの選手もその糸井のキャラクターを十分に受け入れてくれていて、糸井はチームにすごく馴染んでいたイメージです。
当然、今回の糸井のトレードには選手達にもかなりの動揺が走っているでしょう。

ですが、糸井の場合チーム内で「絶対に手放せない選手」では無い気がします。
実力はともかく、チームリーダー的な立場を担えるタイプの選手では現状無いですからね。
シビアな見方をすると。

むしろ、そういう点では賢介が抜けたことの方がチームにとって痛手だったのではないでしょうか?
賢介はチームに長らく貢献し続けてくれてからのFAでのメジャー移籍ですから、責めるわけにはいかないですけどね。

チームをまとめてくれる選手の存在は、非常に貴重だと思います。
そういう選手は絶対大事にしなければならない。
いつまでも稲葉さんや勝さんあたりに頼ってるわけにもいかないので、次世代のチームリーダーもこれから育てていかなければなりませんね。

個人的には中田がその候補の筆頭だと思っています。
中田の場合、まずは真の4番だと認められる存在になってからの話ですけどね。




話が少し逸れてしまいましたが、今度はファン目線で糸井の存在を考えていきます。
糸井はファンにも大変愛されている選手の一人。
現状バリバリのレギュラーですし、WBCの代表候補に選出されているほどの選手です。

誰もがこのタイミングでトレードに出す選手だとは思わない。
このトレードを最初に知った時、ファンなら誰もが信じられない思いだったでしょう。

ファイターズは決してファンサービスに疎い球団ではなく、ファンを大事にしてくれる球団です。
その半面、選手の処遇に対してはドライなところがあり、たとえ実績十分な選手であってもチームにとってもう必要な選手でないと判断されれば積極的に放出(または解雇)する傾向にあります。
こういう方針だからこそ、決して派手な補強をしない移転後のファイターズがこれだけ安定した成績を残せているんだと思います。

これまではそういう球団のドライな一面が、多くのファンにとって許容できる範囲内だったんですが・・・



俺の本音を正直に言います。




無理無理無理無理!!!





糸井の放出まで受け入れろとか、とてもじゃないけど無理です。
今季から糸井が同一リーグの敵チームの選手とか、そんな違和感そう簡単に消えるわけがありません。
ハム-オリ戦であっても、普通に糸井を応援してしまいそうです。

「もっとファンの気持ちも考えろ」とかどうしてもフロントに文句を言いたくなってしまいます。
糸井トレードというフロントの行為は、そう簡単には許せそうにありません。


ええ、これはファンのワガママですよ。
これは糸井のトレードをどう考察しようが、ファンとしての抑えようのないワガママです。


でも、ファンの反発の声もまた、フロントの想定内なんでしょうね。
逆に考えれば、この決断は糸井を放出しても将来的にチームを強くできるというフロントの自信の表れなんでしょうね。
ある意味、これはハムファンに対するフロントの「挑発」ですよ。
結果論としてですがね(悪い意味ででは無い)。




ああそうかい!
ならばその挑発に乗ってあげようじゃないの!!




すぐに結果を求める気はない。
数年後、糸井のトレードは間違いじゃなかったと思えるように。
俺を納得させてくれ!!


・・・何か、単なるツンデレファンになっちゃいましたねw
実際、これが俺の偽らざる本音なんですけどね。


糸井トレードによる傷は、まだまだ消えそうにありません。
でも、やっぱりファイターズが大好き。
その気持ちに関しては、今でも全く揺らぎません!






最後に、どうしても糸井を放出したファイターズフロントが許せなくてファン熱がしぼみつつある一部のファイターズファンへ。

別にフロントを許す必要は無いと思います(俺も許してませんw)
フロントがファンに好かれてる球団なんて、そう多くは無いですから。
別にファイターズフロントが好きじゃない方は、無理に好きにならなくとも嫌いなままでいいと思います。


ただ、ファイターズのことは嫌いにならないで下さい。
貴方にファイターズ愛が少しでも残っているのなら。
選手への思い入れが強いなら強いでいいんですが、何よりファイターズを好きでいて欲しいです。
これも俺のワガママかもしれませんけど。






以上です。
長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。
スポンサーサイト
かうんた!
プロフィール

ツンちゃん

Author:ツンちゃん
あずにゃんマジ天使!
あずにゃんをこよなく愛するけいおん大好きな社会人です。
プロ野球ではファイターズを応援してます。

中野梓
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ついった!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。