スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球に100%は無い。

お久しぶりです(?)ツンちゃんです。
このブログの更新も、何と1年3ヶ月ぶりとのことで・・・w
長らく放置してましたが、今回ファイターズに関して色々と思うことがあったので気力を振り絞ってブログ記事を再び書いてみることにしました。






今季のファイターズは、前評判に反して開幕から好調!
現在も首位西武と2ゲーム差の2位と、優勝争いの真っ只中にいます。


こういうシーズンなので、当然ファイターズファンとしても1試合ごとに一喜一憂して熱くなってしまうわけなんですよ。
それ自体は決して問題のあることではなく、俺を含めて皆さん野球を楽しんでるなーって感じなんですよね。


でもその感情が高ぶりすぎて、大事なところで何らかのミスを犯してしまった選手をつい過剰に叩いてしまう。
まぁこれも、ファンというものなのかもしれません。
俺自身も、不甲斐ない選手に対してついきついことを言ってしまうこともあります。


でも!
でもでも!!
「どんな一流選手でも、100%ミスをしない選手なんていないんですよ!」




これから述べることは、あくまで俺のファイターズファンとしての応援スタイルです。
応援スタイルは人それぞれでしょうし、それを誰かに強要する気は全くありません。
ですが、少しでも参考にしていただければ幸いです。




選手に対する批判、これがタブーだとは俺は思いません。
期待されながらもその期待に応えきれていない選手、そういう選手は叩かれるのも致し方無いと思います。
プロは結果が全ての世界ですから。


例えば、今季の斎藤佑樹。
プロ2年目の今季は栗山監督からエースになることを期待されて開幕投手にも指名され、春先は活躍しました。
でも、その後は尻すぼみでまともな結果を残せなくなり、AS明け直後の登板後2軍落ち。
その後は2軍でもいい結果を残せずに苦しんでいます。


厳しいようですが、彼の場合は監督の期待にも、ファンの期待にも応えきれなかったのだから、批判は致し方ない、というか批判されて当然だと思います。
ですが、ここで「客寄せパンダ」だとかそういう叩き方をしてはいけない。
あくまで斎藤が批判されるべきなのは「結果を残せなかったこと」であり、マスコミが勝手に実績や実力以上の持ち上げ方をしていたのは彼とは無関係。
彼と直接関係ない問題まで絡めて批判するのはフェアじゃないですよ。
それじゃ単なるアンチです。


今の斎藤は調子の悪さもあるんでしょうが、正直実力不足な感は否めません。
今の斎藤は安易に1軍昇格させるべきじゃないと思います。
でも、斎藤に全く期待していないわけじゃないんですよ。
斎藤は投手としてのセンスは間違いなく高いレベルであると思っています。
足りないのは球の方。
ストレートなのか、変化球なのか、制球力なのか・・・
いずれにせよ斎藤には、何か1つでも『武器』を身に着けて欲しいです。
それができた時、斎藤は1段上のステップに行けると信じています。




さて、斎藤の話に終始して話が逸れかけたので本筋に戻します。
先ほどは、『叩かれても仕方のない選手』について語りましたが、今度はその逆、『安易に叩くべきではない』選手。
こういう選手は、つまり『普段は結果を残している選手』です。


ここで例に挙げるのは、金子誠選手。
長年ファイターズの内野守備を支え、今季も怪我に苦しみながらも特に堅実な守備でファイターズのピンチを救い続けてくれています。


ところが、昨日の楽天戦。
8回表、ファイターズの1点リードで1死満塁というピンチを迎えた場面。
ここで金子選手は、普通に処理すればゲッツーが取れるイージーな内野ゴロを弾いてしまうタイムリーエラーを犯してしまい、同点に追い付かれてしまいます。
結局このプレーが響いたこともあり、ファイターズは手痛い逆転負け。
致命的なミスを犯した金子選手も、一部ファンから激しく非難される対象の1人になってしまいました。


確かに、あのエラーはあまりにもタイミングが悪かった。
悔しい負け方ですし、金子のエラーを許せなくなる気持ちも分からんでもないです。


でも!皆さん冷静になってよく考えてみて下さい。
金子選手ですよ?
どれだけファイターズがこの方のプレーに救われたことか。
それに、決して過去の実績だけの人じゃなく今季もチームを救う美技に何度助けられたことか・・・
金子が怪我で離脱していた時期は、ファイターズナインもかなり浮き足立ってましたからね。
チームに対する貢献度は、今でも計り知れないものがあります。
何より、金子選手の後継者と呼べる選手が未だに育ちきっていないことも、金子選手の偉大さを示しています。


これほどの選手を、1つのミスくらいで真正面から叩く気には俺の応援スタイルではなれませんわ。
そもそも、昨日の試合はモルケンのgdgdピッチから1点差にされたのがケチの付き始めで、決して金子選手だけのせいじゃないですよ。
野球はチームスポーツです。
『敗因が一人のせい』ってことは、そうそう有り得ませんわ。


あるファンの方が、「そろそろ金子の身体は限界だから引退あるかも・・・」と危惧するほど、金子選手は今ギリギリの状態でプレーしていると思われます。
もしかすると、本当に引退が近いかもしれません。
それはファンがとやかく言えるものではなく、あくまで金子選手の決断次第ですけどね。
とはいえ、そんな状態であっても今できる全力プレーでチームに貢献し続けてくれる。
そんなすごいプレイヤーである金子選手を、本人が現役を全うするまで暖かく見守り続けたいと思います。





で、結局何が言いたいのかというと・・・
「安易に選手を叩くのではなく、あくまでこれまでのプレートータルで選手を評価し応援していきたい!」
ってことです。
ミスの数よりも貢献度の方が遥かに上回っている選手は褒められるべきですからね!
1つや2つのミスで、貢献度の高い選手に対する評価はそうそう下がりませんわ。


ミスしない選手なんていない。
だから俺は過剰にミスを責めるよりも、良いプレーを賞賛していく応援スタイルでこれからもいきたいと思います。
でも叩く時は叩きますよ。特に期待に応えきれていない選手は。
期待の裏返しでね!






以上!
何かまとまりが無い内容でスミマセン・・・
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【野球に100%は無い。】

お久しぶりです(?)ツンちゃんです。このブログの更新も、何と1年3ヶ月ぶりとのことで・・・w長らく放置

コメントの投稿

非公開コメント

かうんた!
プロフィール

ツンちゃん

Author:ツンちゃん
あずにゃんマジ天使!
あずにゃんをこよなく愛するけいおん大好きな社会人です。
プロ野球ではファイターズを応援してます。

中野梓
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ついった!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。